HIBIYA HIGH SCHOOL
 外国語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成を図り、情報や相手の意向などを理解したり自分の考えなどを表現したりする実践コミュニケーション能力を養う。
コミュニケーション英語I・コミュニケーション英語II・コミュニケーション英語Ⅲ
 話し手や書き手の意向を理解し、自分の考えを英語で表現する能力を伸ばすとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる。
●英語表現Ⅰ・英語表現Ⅱ
 話し手の意向を聞き取る能力を養うとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる。
●英語表現Ⅰ(第2学年自由選択)
 自分の考えを整理して発表したり、話し合う能力を養うとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる
●コミュニケーション英語Ⅱ(第3学年文系選択)
 書き手の意向を読みとる能力を伸ばすとともに、英語を理解しようとする積極的な態度を育てる。
●フランス語・ドイツ語・ハングル・中国語(第2学年自由選択)
 話し手や書き手の意向を理解し、自分の考えを各言語で表現する能力を伸ばすとともに、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度を育てる。
授業の進め方や指導の重点
英語
1学年
[1] 予習・復習の習慣づけ。
[2] 基礎語彙力・文法力の定着を図る。
[3] 英語を聞き取って積極的にコミュニケーションを図る態度を養う。
2学年
[1] 予習・復習の励行。
[2] 第1学年の基礎の上に書く指導を行う。
[3] 意欲のある生徒の高度なコミュニケーション能力を養成する。
3学年
[1] 予習・復習の徹底。
[2] 第1学年、第2学年の基礎の上に、特に読む・書く指導を行う。
[3] 将来社会で必要な高度なコミュニケーション能力を養う。
フランス語
 フランス人の先生とティームティーチングで発音と会話を中心とした学習を行う。
 テクストの中の役を演じながらフランス語を学ぶ。
ドイツ語
 ドイツで出版されたテキストを用い、ドイツ人の先生とティームティーチングで聞く・話す・読む・文法の学習を行う。
ハングル
 1年間でハングルの読み書きに慣れ、自己紹介や基本的な質問ができるよう学習する。ゲストを招いて文化についての講演なども行う。
中国語
 高校生にふさわしいテキストを用い、中国語で話せることを目標に授業を行う。
 ビデオを使って文化の理解も深める。