HIBIYA HIGH SCHOOL
●音楽
 音楽の基礎知識の充実を図り、鑑賞や演奏を通して音楽的理解を深め、生徒一人ひとりの演奏技能を高めるとともに、感動できる楽曲演奏への追求を図る。
特色ある授業の内容
 指導内容は、音楽的に高度な演奏指導が行われている。また、指導者は、声楽・合唱の専門家でもあり、的確できめ細やか、かつ実際的な演奏指導が行われ、生徒の音楽的技術の成長はとても大きい。
●美術
 美術の実習を通して、生徒各自が視覚的な表現力を伸ばし、作品を創り出す喜びを知り、それらを通して豊かに生きることの意味を学ぶことを教科の目標としている。
授業の内容
1学年
 デッサン・油絵・色彩など、美術の基礎となる分野を実習を通して学び、表現する基礎力を身に着ける。
2学年
 さらに基礎力を充実させるとともに、表現力を発展させられるよう応用的分野も学んでいく。
●書道
 書道の技能習得と教科教養の学習を主眼とする。高等学校の書道科で学ぶべきことがらをらせん階段を上がるようにじっくりと教習する。
授業の内容
1学年
 基本的な書の学び方を指導する。用具の選び方から、楷書、行書、更に、いろは48文字のひらがなへと学習を進め、その間に色紙や半切作品も手掛ける。
2学年
 古典の書に触れ、書道史を学びつつ、行草、隷、篆書の各体を学び、より深い書の魅力を探る。
 半紙作品は、もとより写経作品、画仙紙半切作品、陶板の制作または篆刻(印を刻すこと)等、高等学校書道として実りある授業を進めている。