HIBIYA HIGH SCHOOL
 国語を適切に表現し理解する能力を育成し、思考力を伸ばし、豊かな心情を培う。語彙を豊富にし、また言語感覚を磨いて、言語文化に対する関心を深める。
●国語総合
 中学校までに身につけた国語の力をさらに伸ばし、言語によって思考し、表現する基本的なカをつける。時間をかけてじっくりと読み、語彙を豊富にする。また、古典に対する関心を深める。
●現代文B
 第2学年、第3学年を通して、近代以降の様々な文章を読む能力を高め、ものの見方、感じ方、考え方を深める。長文を読み要点を整理するカを養い、優れた文学作品を読むことで感性を磨く。
●古典B
 古典としての古文・漢文に数多く触れ、過去の人間たちによって育まれ受け継がれてきた文化に自覚的に向き合う姿勢を養う。第3学年においては、文系を選択した生徒が日本の古典文学の代表的作品を読み、そのテーマを理解する力を養う。また、中国古典の世界に一層深くわけいり、その思想を理解する力を養う。
授業の進め方や指導の重点
1学年
 語彙力や文法力などの基礎・基本の充実を徹底する。基礎的な学力が徹底して身につくまで、時間をかけた指導助言を行う。
2学年
 基礎の上に立ち、さらに論理的思考力の育成と自己の考えや心情を表現する力を充実させる。多様な文学的作品に触れることにより、人間として生きる姿勢を深める。
3学年
 高度な作品に挑戦し、それを読み解き、鑑賞する力を養う。さらに評論文に対する自己の見解を論理立てて展開する力や、文学作品から読み取った感動を的確に展開する力をつける。